本が好きな人が集まるサイトです。

THE LATEST

ぽてんしゃる。

糸井重里のちいさいことばシリーズ。今作は写真日記多め。糸井重里さんのお父さん的存在の吉岡隆明さんが亡くなった年の本です。 写真日記には糸井さんの飼い犬のブイヨンが出てくるんですけど、こうも閉塞的な毎 …続きを見る
BY: takahashikazuna

ファミコン攻略本ミュージアム1000

ヴィレッジ・ヴァンガードで面白そうな本あるなあって思って。ひとまずAmazonで検索しました。マーケットプレイスが一番安く買えるし。評価も見れるし。そしたらAmazonの評価がボロクソで、個人サイトか …続きを見る
BY: takahashikazuna

TYPE MOON展 Fate stay night 15年の軌跡 図録

六本木のソニーミュージアムで行われていたfate展の図録です。展示会に行った人だけが注文できた本です。 めちゃくちゃデカイです。35センチ四方くらい。しかもソフトカバーというか映画パンフレットみたい …続きを見る
BY: takahashikazuna

SDガンダム30周年大全集

タイトルの通り、SDガンダムの歴史をまとめた本です。Amazonの評価がめっちゃ低いですね。広く浅くまとめている本なのでまあ賛否あるだろうなあとは思うんですけど、でも個人的には、まったく知らなかった商 …続きを見る

OPUS 《完全版》

今やアニメーション映画監督として有名な今敏さんが1995年に描いたマンガの復刻完全版です。1995年に描かれたといっても世の人の99.9%は読んだことがないと思うのでネタバレに配慮してストーリーについ …続きを見る
BY: takahashikazuna

ちびまる子ちゃん展 図録

2年前くらいに銀座松屋で行われたちびまる子ちゃん展の図録です。この時期めちゃくちゃ仕事が忙しかったので、展示を見ずにグッズだけ買いに行きました。展示見なくてもグッズ買えるの、好き。 あまり表に出てい …続きを見る

しおひガールズ オリジナルアソート

Twitterで人気のしおひがりさんのイラスト集です。コンビニの店員の女の子が「暖めますか? あなたとわたしの関係」とか言うようなイラストがいっぱい詰まった本。しおひがりさんはこの本とは別に「金曜日の …続きを見る
BY: takahashikazuna

浅草うねうね食べある記

ぶんか社から出た、浅草の寄席などの大衆娯楽やちょい飲み店を紹介するコミックエッセイです。 イラストも内容もちょうどいいです。表紙から伝わるイメージまんまの本。 オールカラー&飲み歩きマップ付きなの …続きを見る
BY: takahashikazuna

同人誌をつくったら人生変わった件について。

作者の川崎昌平さんの自伝的コミックエッセイ。主人公を女性に置き換えたこと以外は、ほぼすべて川崎さんの実体験とのこと。 主人公はアラサーのOLで、平日は無気力に仕事をして、休日は非生産的にすごす、死ん …続きを見る
BY: takahashikazuna

風の谷のナウシカ

7年くらい積んでいた本をようやく読みました。映画とストーリーが全然違う……。深い……。映画は抜粋版でもなく、ストーリーそのものがまったく違う。 宮崎駿さんは「風立ちぬ」を人間讃歌だと語っていたけど、 …続きを見る
BY: takahashikazuna

容赦ない和田ラヂヲ

Twitter見てたら、ほぼ日が300冊限定で和田ラヂヲのサイン本とトートバッグのセットを売るっていうので買ってみました。和田ラヂヲのサイン、はじめて見ました。めっちゃレアでは。和田ラヂヲって誰しも一 …続きを見る
BY: takahashikazuna

Return to AVALON -武内崇 Fate ART WORKS-

Fateでお馴染み武内崇さんのFate画を集めた画集。ずーっとFateシリーズをやってたり、Fateにドはまりした人にとってはかけがえのない本なんだろうなあと思う。FGOしかやってない自分にとっては、 …続きを見る
BY: takahashikazuna

REVIEWS

道祖土家の猿嫁

土佐の、おそらく仁淀川と思われる、贄殿川流域の山村を舞台にした大河小説だ。かつて士族だった村の名主に嫁いできた、その容貌から猿嫁と呼ばれた蕗の、明治から昭和に及ぶ90年あまりの人生を描いている。明治初 …続きを見る

パライゾの寺

パライゾとはポルトガル語で楽園・天国を意味し、隠れキリシタンが崇めたところだ。幕末から20世紀半ばにかけての土佐の民俗を、宮本常一と思しき学者に人々が話すところから物語がはじまる、7つの短編集で、表題 …続きを見る

梟首の島

上下巻で800ページを超える分量もあり、少し読み進めるのが辛いかもしれないが、明治維新後の自由民権運動と女性の権利向上を真正面から捉えた大作だ。梟首とは処刑され、晒された首のことだ。物語は、父親が西南 …続きを見る

サカナとヤクザ

アワビ、ウナギ、ウニ、ナマコにカニ…高級な海産物がヤクザらによって密漁され、市場に流されていたら…という、知る人ぞ知る漁業と暴力団の関係を暴いた本だ。著者はヤクザを取材するうちに、東電など電力会社を頂 …続きを見る
ALL REVIEWS

NEWS

Kindle Unlimited、初体験の方、2ヶ月199円! 再登録の方、3ヶ月299円で読み放題!!

詳細はこちらをクリック! https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/hz/subscribe/ku/ref=as_li_ss_tl?&linkCode=ll2&ta …続きを見る
BY: takahashikazuna
ALL NEWS

FEATURES

特集

BY: takahashikazuna
ALL FEATURES

Author List

HIGH SCORE

道祖土家の猿嫁

土佐の、おそらく仁淀川と思われる、贄殿川流域の山村を舞台にした大河小説だ。かつて士族だった村の名主に嫁いできた、その容貌から猿嫁と呼ばれた蕗の、明治から昭和に及ぶ90年あまりの人生を描いている。明治初 …続きを見る

梟首の島

上下巻で800ページを超える分量もあり、少し読み進めるのが辛いかもしれないが、明治維新後の自由民権運動と女性の権利向上を真正面から捉えた大作だ。梟首とは処刑され、晒された首のことだ。物語は、父親が西南 …続きを見る

サカナとヤクザ

アワビ、ウナギ、ウニ、ナマコにカニ…高級な海産物がヤクザらによって密漁され、市場に流されていたら…という、知る人ぞ知る漁業と暴力団の関係を暴いた本だ。著者はヤクザを取材するうちに、東電など電力会社を頂 …続きを見る
ALL HIGH SCORE