HIGH SCORE

家が好きな人

幼少期から不動産屋のチラシの間取り図を見ては各々の暮らしを想像していたという井田千秋さん 井田千秋さんの空想の世界での、空想の住人が家での時間の過ごし方を描いた本 登場する家もPOPEYEみた …続きを見る
BY: takahashikazuna

わたしの夢が覚めるまで

ながしまひろみさんご本人から買った本。それをその日のうちに読むという贅沢。 ながしまひろみさん、ご自身の描かれる絵とそっくりな方でした。 38歳独身会社員が不眠症になる話。 親の寿命や自 …続きを見る

From Tokyo わたしの#stayhome日記2022-2023

コロナ禍の日々を切り取った、今日マチ子さんの作品集の第3弾。 2022年から2023年の4月まで。 2023年6月現在、コロナはまだ日常に残っていますね。 街中では、マスクをつけている人6割 …続きを見る

EYE YONEYAMA MAI 米山舞 作品集

いまいちばんクリエイティブなことをしているイラストレーター米山舞さんの商業初画集です。 こうしていろんな作品を連続して見ると、米山さんがアニメーター出身ということがよくわかりますね。 簡略化が …続きを見る
BY: takahashikazuna

箱庭組曲

猫オルガンさんの商業デビュー作です これ初出どこなんだろう…初出書いてほしいよね リイド社のWebサイトかな…? 猫オルガンさんご本人にはお会いしたことがあって、ご気さくな兄ちゃんでした …続きを見る
BY: takahashikazuna

世界のアーティスト250人の部屋 人生と芸術が出会う場所

いま、日本でいちばん「心の欲しいものリスト」に入れられている本 もしくはいま日本でいちばん中身をチラ見されている本 チラ見して、素敵だけど…とちょっと考えて、お金に余裕がある時に買おうという結論に …続きを見る

上條淳士画集「1983」

僕と上條淳士先生との出会いはビックコミックスピリッツの『エイト』という作品で。 それがハチャメチャに面白くてドハマりして。でもそれは4巻であえなく打ちきりになって。その後に上條淳士という人物について …続きを見る
BY: takahashikazuna

流転7年うめだまのイギリス・アメリカ自由帳

前作は観光客で今作は当事者。 海外に旅行に行った人からは、「海外に差別なんてない」という意見を聞くけど、実際に住んでみるとどんな国にも差別があることを知る。 前作って「イギリスって素敵!」とい …続きを見る

マーティン・イーデン ,

もし本というものに生命力というパラメータが存在するとしたら、地球に隕石が降り注ぎ世界が荒廃に向かっても、この本は変わらず輝きを放ち続けていることでしょう。 労働者階級の男が、乾いたスポンジが水を …続きを見る

藤田幸久式モデリングマニュアル―雑多えんたあていめんと。

先日読んだU井T吾さんのルーツが藤田幸久さんの描かれていた『プラモのモ子ちゃん』にあると知って、藤田幸久さんの本を読んでみました。 『プラモのモ子ちゃん』は版権の関係か書籍化されておらず、藤田幸久さ …続きを見る

永い季節 しまざきジョゼ作品集

しまざきジョゼさんの画集です。しまざきジョゼさんの絵は、人物が風景のひとつだからいい。あざとさがまったくないイラストが大衆から支持を得ているというだけでしまざきジョゼさんがいかにすごい人かと思う。 …続きを見る

はかどる神iPad

iPadを持っている身として平岡雄太さんのYouTubeめっちゃ見てます。すごく役立ちます。 多くのガジェット雑誌では「これが神アプリだ!」と単にアプリの名前とだいたいの画面写真を載せているだけで、 …続きを見る
BY: takahashikazuna

アドセンス336×280レクタングル(大)