*

「 エッセイ 」 一覧

夜は、待っている。  糸井重里

日本一日本語が上手くて日本一の哲学者(個人的主観)の糸井重里の本が面白くないわけがないわけで。この世に完璧な本があるとするなら、ひとつの正解がこの糸井重里の「小さいことば」シリーズだと思うのです。フォ

続きを見る

ラリルレ論 野田洋次郎

Mr.Childrenの桜井和寿をして、「日本の詩のレベルはここまできた」と言わしめたRADWIMPSのフロントマン・野田洋次郎のある一年間の日記。桜井和寿が絶賛するほど、野田洋次郎の綴る歌詞はとてつ

続きを見る

キッドのもと 浅草キッド

たけし軍団の中で唯一、ツービートの遺伝子を受け継ぐ浅草キッドの水道橋博士と玉袋筋太郎。「テレビタレントとしては三流でも漫才師としては一流である」と博士自身も言ってるけど、テレビでしか見たことない層には

続きを見る

仁義なき戦い 浪漫アルバム 杉作J太郎,植地毅,他

東映不朽の名作あの「仁義なき戦い」のファンブック。当然、仁義シリーズが好きな人に向けた内容ですが、杉作J太郎、植地毅、吉田豪といったライター陣の熱量がハンパないので、単純にサブカル本としても十分に楽し

続きを見る

浪費図鑑―悪友たちのないしょ話―  劇団雌猫

同人誌で話題になった本を書籍化したもの。タイトルからはさぞや豪快なお金の使い方をしている人の破天荒な生きざまが書かれているのだろうな、というようなことを想起させるのだが、出てくるエピソードが「スマホゲ

続きを見る

キミのお金はどこに消えるのか 井上純一

作者の魂というか熱をまったく感じないな、専門家の意見をコピペしてるか、読んだ経済書の内容を丸写ししてるかだろうなと思ったらその通りでした。お金にまったく関心がなくて大借金を背負ったばかりの人が経済につ

続きを見る

れもん、よむもん! はるな檸檬

このタイトルと表紙は素晴らしいですね。絶対手に取りたくなる。 作者がこれまで読んだ本を綴った読書遍歴漫画……という形で連載がスタートしたものの、本の話よりもなんでもない日常生活ばかりが綴られていて、

続きを見る

我が愛と青春のたけし軍団 ガダルカナル・タカ

世間では「ビートたけしの金魚の糞で無能無芸の能無し集団」と誉れ高いたけし軍団。そんな彼らにファンはいるのかと言えば僕のように「ビートたけし大好きだけど、その偉大なる師匠の下で生息していた軍団の生い立ち

続きを見る

ニューヨークで考え中 近藤聡乃

近藤聡乃さんのコミックエッセイ。二巻の中盤で、ニューヨークで出会ったアメリカ人の恋人と結婚するんだけど、同じ国際結婚を描いていても、『ダーリンは外国人』より『ニューヨークで考え中』のほうが好みだなあと

続きを見る

綿いっぱいの愛を! 大槻ケンヂ

2004年の日記のような特撮の活動や事件など時事ネタが多め。。 ロック、変な映画、プロレス、ブースカといつも書いてることが同じ。。 でもそれがオーケンがずっと大事にしてきたモノ・考え方で、

続きを見る

カフェイン・ガール 飯塚めり

作者の優れた色彩感覚によって描かれた素敵なイラストが洪水のように流れ込んでくる、素晴らしい作品。淡いようで力強い優しい絵と、魅力的な主人公のキャラクターが織り成す世界は、喫茶店本の皮を被った絵本。主人

続きを見る

地球を肴に飲む男 小泉武夫

発酵学の第一人者である小泉先生が世界中の珍酒や珍味を探し求める、まさに食の冒険記。 お酒やチーズ、味噌についての深い知識と愛情が随所に垣間見え、臭い酒、ドロドロの酒、虫入りの酒などなど決して美味しそ

続きを見る

怪感旅行 水木 しげる

着眼点にシビれるエッセイ。 全部で22話からなる不思議旅行は、読んでいると見えないものが見えてくるような感覚に陥る。 個人的には、第一話「妖怪のミイラ」の過去のミイラ職人の考察から神隠しまでに発展

続きを見る

羊どろぼう。 糸井重里

日本一日本語がうまい糸井重里の本が面白くないわけがないんだけど、短文ばかりなのに村上春樹よりも心を打つのは、彼が日本語のスペシャリストということ以上に哲学者だからだろうなあと思います。なんでもない気づ

続きを見る

ヨチヨチ父 とまどう日々 ヨシタケシンスケ

ヨシタケシンスケの絵本は一点の曇りもない、人間賛歌のような作品ばかりだけど、今作は本人の子育てエッセイだけあって、ここにあるのは優しいだけの世界ではありません。ヨシタケシンスケの絵本を読んで、優しさの

続きを見る

アドセンス336×280レクタングル(大)




アドセンス336×280レクタングル(大)




グヤバノ・ホリデー panpanya

もう本当に唯一無二の作家だなあと。つかみどころのない夢のような世界。だ

Million Onion Hotel「秘蔵の開発ノート」 Onion Games

かつて「moon」という伝説のRPGを作ったUFOチームのメンバーが作

anna magazine vol.12 2018年12 月号

一応「女性のファッションとライフスタイル」がテーマだと表紙には書いてあ

SLEEP―FOOTSTEPS OF DREAM/夢のあしあと SLEEP

こないだ読んだ蒼井優のトラベル・サンドに感激して、高橋ヨーコさんの写真

沢村さん家のそろそろごはんですヨ 益田ミリ

週刊文春に連載中の2ページ漫画。益田ミリさんは感受性の人だなあと。沢井

→もっと見る

    PAGE TOP ↑