小説

アドルムコ会全史

爆笑。 クスリとかワロタみたいなレベルでなく腹筋が痛くなるくらいのガチ爆笑。 天才すぎ。佐川恭一という作家はどういう文脈で語ればいいか、というところにまで来ている。 連載が始まったり大手誌でイン …続きを見る
BY: takahashikazuna

ストーナー ,

たいていのひとは将来の夢を抱き学生生活を送り、年をとるにつれて何者にもなれない自分を実感し、何者にもなれないまま死んでいく だが、この世界は無数の一般人で成り立っている 人生はつらく厳しい …続きを見る

向日葵の咲かない夏

本読みアルファツイッタラーみたいなひとが「世界で一番面白い小説」だと紹介していたので読んでみました ラスト、ふざけんな! って叫んじゃいましたね ミステリー小説って、主人公が謎を解く必然性 …続きを見る
BY: takahashikazuna

息吹 ,

現代最高のSF作家 テッド・チャンの2冊目の本 寡作なため17年で2冊しか本が出ていない 1984年のときにも書いたけど、僕は短編が刺さらないらしい SFは壮大であってほしいという願いがある …続きを見る

一九八四年 ,

これまで読んできたSFはSFじゃなかった ちょっとこれ以前につけたSF本の点数つけ直させて! 圧倒的すぎる! これが本当のSFだ 本当のSFとは何かと聞かれたら困るけど、これが一番優れたSF小説 …続きを見る

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? ,

『ブレードランナー』の映画を先に見ていて、しかも見たのが2010年頃だったので「古い映画だなあ」という感想しかなかったんだけど、本を読み返したら、映画もちゃんと見返さないとなあという気分になった ア …続きを見る

星を継ぐもの ,

面白い本はネタバレを極力せずに感想を書きます。 2週間くらいかけてゆっくりと読みました。 ちょうど読み進めているときに、この『星を継ぐもの』シリーズ未翻訳の作品の発売が決定! というニュースが …続きを見る

アルジャーノンに花束を ,

日本でも大ヒットして、ドラマ化もされましたね タイトルだけ見て、泣けるって情報だけ知ってて、アルジャーノンって女の子が死ぬ話なのかなって思ってました めちゃくちゃおもしろかったです 面白 …続きを見る

夏への扉ロバート・A・ハインライン ,

SF不朽の名作 冷凍睡眠とタイムトラベル 1970年代に冷凍睡眠した男が、2000年代に目覚める話 SFって難しすぎるのが、敬遠されがちないちばんの理由だと思うんですね 2020年代に読ん …続きを見る

鳥の神殿 ,

あとで感想を書こうと思っていたら2週間経ってしまい内容もほぼ忘れてしまいました 『ソンブレロ落下す』とまったく同じ構成の本でした ソンブレロをボーリングのトロフィーに、アメリカ人男性と日本人女 …続きを見る

マーティン・イーデン ,

もし本というものに生命力というパラメータが存在するとしたら、地球に隕石が降り注ぎ世界が荒廃に向かっても、この本は変わらず輝きを放ち続けていることでしょう。 労働者階級の男が、乾いたスポンジが水を …続きを見る

ビッグ・サーの南軍将軍 ,

ブローティガンのデビュー作。日本では『アメリカの鱒釣り』のほうが先に翻訳されたが、アメリカではこちらのほうが先に出版された。 ブローティガンの著作の中で2番めに長い、小説らしい小説とのこと。 …続きを見る

アドセンス336×280レクタングル(大)