*

今を生き抜くための70年代オカルト 前田亮一

公開日: : レビュー, 70-79点, 新書

アドセンス336×280レクタングル(大)





77

『クレイジージャーニー』にも出演経験のある身体改造ジャーナリストケロッピー前田氏の著書。

「混沌とした時代を生き抜くため、オカルトを感じることで身体に潜在的に備わってる生きる力を活性化させる」というトンデモ本感があるが、
内容もオカルト好きの基本情報に+αがあり楽しめる内容だった。

特に第7章「ノストラダムスの大予言と人類滅亡」は、純粋なオカルト少年だった過去を思い出させてくれた。
これが僕のオカルト原体験なんだろう。そして今も「人類滅亡」という言葉の響きにドキドキワクワクしてしまっている。

アドセンス336×280レクタングル(大)




関連記事

“天才”を売る 心と市場をつかまえるマンガ編集者 堀田純司

くず紙。 これだけだとあまりにあれなので中身を説明すると、漫画編集者のインタビュー本。 普通、イ

記事を読む

二匹目の金魚 panpanya

作者が素敵だと確信を持って描いた絵、セリフ、文章、物語が、第三者の目から見ても完璧に面白いという素晴

記事を読む

絶景本棚 本の雑誌編集部

著名な評論家や作家やデザイナーなどの自宅の本棚を集めた写真集的書籍。たぶんこの本は、好きな作家の本棚

記事を読む

空っぽのやつでいっぱい アボガド6

Twitterで作品はよく見てたけど、短いお話しか作れないんだろうなーと思ってました。はっきり言って

記事を読む

東京 (世界のシティ・ガイド CITIX60シリーズ)  和田侑子

この下で紹介した観光ガイド本の東京版。アムステルダム本みたいに新たな発見やマニアックな名所がみられる

記事を読む

ヨチヨチ父 とまどう日々 ヨシタケシンスケ

ヨシタケシンスケの絵本は一点の曇りもない、人間賛歌のような作品ばかりだけど、今作は本人の子育てエッセ

記事を読む

綿いっぱいの愛を! 大槻ケンヂ

2004年の日記のような特撮の活動や事件など時事ネタが多め。。 ロック、変な映画、プロレス、ブース

記事を読む

世界のシティ・ガイド CITIX60シリーズ アムステルダム 和田侑子

アムステルダムに住むクリエイターやアーティストたちが、アムステルダムの観光名所やレストラン、お店、ナ

記事を読む

浪費図鑑―悪友たちのないしょ話―  劇団雌猫

同人誌で話題になった本を書籍化したもの。タイトルからはさぞや豪快なお金の使い方をしている人の破天荒な

記事を読む

岡崎に捧ぐ 山本さほ

1985年生まれの作者・山本さほと、彼女の親友・岡崎さんの小学生時代から現在に至るまでが綴られた自伝

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

アドセンス336×280レクタングル(大)




夜は、待っている。  糸井重里

日本一日本語が上手くて日本一の哲学者(個人的主観)の糸井重里の本が面白

“天才”を売る 心と市場をつかまえるマンガ編集者 堀田純司

くず紙。 これだけだとあまりにあれなので中身を説明すると、漫画編集者

岡崎に捧ぐ 山本さほ

1985年生まれの作者・山本さほと、彼女の親友・岡崎さんの小学生時代か

ラリルレ論 野田洋次郎

Mr.Childrenの桜井和寿をして、「日本の詩のレベルはここまでき

キッドのもと 浅草キッド

たけし軍団の中で唯一、ツービートの遺伝子を受け継ぐ浅草キッドの水道橋博

→もっと見る

    PAGE TOP ↑