*

グレート生活アドベンチャー 前田司郎

公開日: : レビュー, 60-69点, 小説

アドセンス336×280レクタングル(大)





65

ゲームばかりしてる30歳の男が、彼女の家に転がり込み、ヒモ生活を送る話。羨ましい。
全然アドベンチャーせず、ただぼんやりと日々を過ごす。
不安はない、働く気もない、未来は「水色」……そうやって日々溜め込み、隠してきたものが最後の最後で主人公に襲いかかる。が、やっぱりすぐに忘れ、根拠のない自信に支配される。
なんとなく共感してしまう自分がいた。

アドセンス336×280レクタングル(大)




関連記事

非売品ゲームソフト ガイドブック じろのすけ

これはすごい! 過去に類書があるのかもしれないけど、これほどまでに非売品ゲームの実物が納められた本は

記事を読む

浪費図鑑―悪友たちのないしょ話―  劇団雌猫

同人誌で話題になった本を書籍化したもの。タイトルからはさぞや豪快なお金の使い方をしている人の破天荒な

記事を読む

POPEYE 2015年 05 月号

ここ2~3年のPOPEYEの東京特集はどんな東京観光本よりも実用的。だから遡って読んでいます。来月号

記事を読む

ヨチヨチ父 とまどう日々 ヨシタケシンスケ

ヨシタケシンスケの絵本は一点の曇りもない、人間賛歌のような作品ばかりだけど、今作は本人の子育てエッセ

記事を読む

キッドのもと 浅草キッド

たけし軍団の中で唯一、ツービートの遺伝子を受け継ぐ浅草キッドの水道橋博士と玉袋筋太郎。「テレビタレン

記事を読む

恐竜の飼いかた いしがきのぼる

ずーっと読み続けられる、癒しの塊みたいなマンガで大好きだったんだけど、この三巻でおしまい。最終巻は話

記事を読む

さめない街の喫茶店 はしゃ

クイックジャパンではしゃさんのマンガを見たときには「すごい才能だなー」と思ったんだけど、本書はいろん

記事を読む

ラリルレ論 野田洋次郎

Mr.Childrenの桜井和寿をして、「日本の詩のレベルはここまできた」と言わしめたRADWIMP

記事を読む

れもん、よむもん! はるな檸檬

このタイトルと表紙は素晴らしいですね。絶対手に取りたくなる。 作者がこれまで読んだ本を綴った読書遍

記事を読む

マリコ、うまくいくよ 益田ミリ

とある大企業で働く入社2年目、12年目、20年目の3人の女性社員が主人公のマンガ。それぞれの年代から

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

アドセンス336×280レクタングル(大)




夜は、待っている。  糸井重里

日本一日本語が上手くて日本一の哲学者(個人的主観)の糸井重里の本が面白

“天才”を売る 心と市場をつかまえるマンガ編集者 堀田純司

くず紙。 これだけだとあまりにあれなので中身を説明すると、漫画編集者

岡崎に捧ぐ 山本さほ

1985年生まれの作者・山本さほと、彼女の親友・岡崎さんの小学生時代か

ラリルレ論 野田洋次郎

Mr.Childrenの桜井和寿をして、「日本の詩のレベルはここまでき

キッドのもと 浅草キッド

たけし軍団の中で唯一、ツービートの遺伝子を受け継ぐ浅草キッドの水道橋博

→もっと見る

    PAGE TOP ↑