*

れもん、よむもん! はるな檸檬

アドセンス336×280レクタングル(大)





70

このタイトルと表紙は素晴らしいですね。絶対手に取りたくなる。
作者がこれまで読んだ本を綴った読書遍歴漫画……という形で連載がスタートしたものの、本の話よりもなんでもない日常生活ばかりが綴られていて、どちらかというとおもいっきり日常エッセイ漫画。だけど徐々に読書への目覚め、思春期の思い出話に物語が進んでいき、最終的に感動的な読了感がある、という不思議な魔力を持った作品。本当になんでもない日常を書いているという点では『パパは漫才師』と同じなのに、なんだろう、この差は。しかも他人の読書遍歴なんてぶっちゃけどうだっていいわけですよ。よっぽどその人のファンでもない限り。はるな檸檬さんに関する知識って「東村アキコの弟子」程度でしたし、思い入れもなかったし。読書の感想も「筒井康隆すげー!」みたいな感じだし。でもそこで思ったわけです。この本は「はるな檸檬版の『かくかくしかじか』」なんだなあと。この人は本に生かされて来たのだなあと。あの始まりから感動的な結末に持っていくプロの力を見ました。

アドセンス336×280レクタングル(大)




関連記事

キッドのもと 浅草キッド

たけし軍団の中で唯一、ツービートの遺伝子を受け継ぐ浅草キッドの水道橋博士と玉袋筋太郎。「テレビタレン

記事を読む

世界のシティ・ガイド CITIX60シリーズ アムステルダム 和田侑子

アムステルダムに住むクリエイターやアーティストたちが、アムステルダムの観光名所やレストラン、お店、ナ

記事を読む

あるかしら書店 ヨシタケ シンスケ

ヨシタケシンスケさんの絵は不思議な魅力がぎゅっと詰まっている。これは大人の絵本。なんでこんなに魅力的

記事を読む

絶景本棚 本の雑誌編集部

著名な評論家や作家やデザイナーなどの自宅の本棚を集めた写真集的書籍。たぶんこの本は、好きな作家の本棚

記事を読む

羊どろぼう。 糸井重里

日本一日本語がうまい糸井重里の本が面白くないわけがないんだけど、短文ばかりなのに村上春樹よりも心を打

記事を読む

東京 (世界のシティ・ガイド CITIX60シリーズ)  和田侑子

この下で紹介した観光ガイド本の東京版。アムステルダム本みたいに新たな発見やマニアックな名所がみられる

記事を読む

我が愛と青春のたけし軍団 ガダルカナル・タカ

世間では「ビートたけしの金魚の糞で無能無芸の能無し集団」と誉れ高いたけし軍団。そんな彼らにファンはい

記事を読む

さめない街の喫茶店 はしゃ

クイックジャパンではしゃさんのマンガを見たときには「すごい才能だなー」と思ったんだけど、本書はいろん

記事を読む

マリコ、うまくいくよ 益田ミリ

とある大企業で働く入社2年目、12年目、20年目の3人の女性社員が主人公のマンガ。それぞれの年代から

記事を読む

映画大好きポンポさん2  杉谷庄吾【人間プラモ】

とんでもない。完璧だった前作を越えてきた。前作はWEBから火がついて書籍化、という流れだったから、W

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

アドセンス336×280レクタングル(大)




ダルちゃん はるな檸檬

書店で表紙に惹かれて立ち読み。最初の数ページを見て心を掴まれて最後まで

夜は、待っている。  糸井重里

日本一日本語が上手くて日本一の哲学者(個人的主観)の糸井重里の本が面白

“天才”を売る 心と市場をつかまえるマンガ編集者 堀田純司

くず紙。 これだけだとあまりにあれなので中身を説明すると、漫画編集者

岡崎に捧ぐ 山本さほ

1985年生まれの作者・山本さほと、彼女の親友・岡崎さんの小学生時代か

ラリルレ論 野田洋次郎

Mr.Childrenの桜井和寿をして、「日本の詩のレベルはここまでき

→もっと見る

    PAGE TOP ↑