*

小銭をかぞえる 西村賢太

公開日: : レビュー, 60-69点, 小説

アドセンス336×280レクタングル(大)





65

私小説(ししょうせつ、わたくししょうせつ)は、日本の近代小説に見られた、作者が直接に経験したことがらを素材にして書かれた小説をさす用語である。(Wikipediaより)

つまりこの作品は西村賢太本人が実際に経験したこと、リアルに起こったことだと思って読むとなんとも胸糞悪い気分になる。西村賢太はクズだと思う。
でも、恥ずかしくて知られたくないどす黒い感情を見せつけられているような気になっていく。
こういう人間はどこにでもいる。ニュースで逮捕されてる人、嫌な先輩、そして自分の中にもたまにいる。
そういう自分を戒める作品でもある。表題の『小銭をかぞえる』より『焼却炉行き赤ん坊』の方がスリリングでよかった。

アドセンス336×280レクタングル(大)




関連記事

おしゃ家ソムリエ おしゃ子! かっぴー

かっぴーの活動はある程度把握してたつもりだったけど、こんな本があったんですね。かっぴー得意の界隈ある

記事を読む

POPEYE 2015年 05 月号

ここ2~3年のPOPEYEの東京特集はどんな東京観光本よりも実用的。だから遡って読んでいます。来月号

記事を読む

漫画 君たちはどう生きるか 吉野源三郎,羽賀翔一

宮崎駿くらいのじいさん世代の聖典みたいな本を漫画化した、200万部突破の超ベストセラー。もっと若いと

記事を読む

キミのお金はどこに消えるのか 井上純一

作者の魂というか熱をまったく感じないな、専門家の意見をコピペしてるか、読んだ経済書の内容を丸写しして

記事を読む

無限大の日々 八木ナガハル

ゴリッゴリのハードSF漫画。宇宙とか他の惑星が舞台の短編集。ただ単に宇宙に出る方法ひとつとっても、軌

記事を読む

非売品ゲームソフト ガイドブック じろのすけ

これはすごい! 過去に類書があるのかもしれないけど、これほどまでに非売品ゲームの実物が納められた本は

記事を読む

キッドのもと 浅草キッド

たけし軍団の中で唯一、ツービートの遺伝子を受け継ぐ浅草キッドの水道橋博士と玉袋筋太郎。「テレビタレン

記事を読む

漫画 戦争めし~命を繋いだ昭和食べ物語~ 魚乃目三太

魚乃目三太の漫画は想像を越えてこないねえー。むしろ想像を下回ることすらある。水沢悦子にはなれない。

記事を読む

浪費図鑑―悪友たちのないしょ話―  劇団雌猫

同人誌で話題になった本を書籍化したもの。タイトルからはさぞや豪快なお金の使い方をしている人の破天荒な

記事を読む

夢印 浦沢直樹

世間では「風呂敷を畳むのが下手」とか言われることが多い浦沢直樹ですが、世の中には風呂敷を広げることす

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

アドセンス336×280レクタングル(大)




夜は、待っている。  糸井重里

日本一日本語が上手くて日本一の哲学者(個人的主観)の糸井重里の本が面白

“天才”を売る 心と市場をつかまえるマンガ編集者 堀田純司

くず紙。 これだけだとあまりにあれなので中身を説明すると、漫画編集者

岡崎に捧ぐ 山本さほ

1985年生まれの作者・山本さほと、彼女の親友・岡崎さんの小学生時代か

ラリルレ論 野田洋次郎

Mr.Childrenの桜井和寿をして、「日本の詩のレベルはここまでき

キッドのもと 浅草キッド

たけし軍団の中で唯一、ツービートの遺伝子を受け継ぐ浅草キッドの水道橋博

→もっと見る

    PAGE TOP ↑