教養

東京最後の異界 鶯谷

実話誌を中心にノンフィクションの分野で活躍する本橋信宏が、街をテーマに書き上げた連作ルポルタージュの1作目だ。鶯谷というとやはり風俗の街なので、そうした街ができた経緯から、実際に韓デリで働く若い女性、 …続きを見る

ぽてんしゃる。

糸井重里のちいさいことばシリーズ。今作は写真日記多め。糸井重里さんのお父さん的存在の吉岡隆明さんが亡くなった年の本です。 写真日記には糸井さんの飼い犬のブイヨンが出てくるんですけど、こうも閉塞的な毎 …続きを見る
BY: takahashikazuna

古賀史健がまとめた糸井重里のこと。 ,

個人的に日本一の哲学者だと思っている糸井重里さんの自伝のような本。糸井さんがいかに人間としてできているかを感じる本でした。例えば、テレビでしか見たことがない俳優さんを崇拝するほど好きになったり、音楽を …続きを見る

医者が教えるサウナの教科書 ビジネスエリートはなぜ脳と体をサウナでととのえるのか?

「買ってはいけない」本。本屋で大量に平積みされていて、まあ買ってみるかあーって感じで読んでみました。クソオブクソ。まえがきで、サウナに入っているひとは仕事ができる、って書いてあるのね。その例が炎上クソ …続きを見る
BY: takahashikazuna

漫画 君たちはどう生きるか ,

宮崎駿くらいのじいさん世代の聖典みたいな本を漫画化した、200万部突破の超ベストセラー。もっと若いときに出会いたかった本ですね。200万部以上売れてるのに、周りで誰も読んでる人に出会ったことがないのは …続きを見る

キミのお金はどこに消えるのか

作者の魂というか熱をまったく感じないな、専門家の意見をコピペしてるか、読んだ経済書の内容を丸写ししてるかだろうなと思ったらその通りでした。お金にまったく関心がなくて大借金を背負ったばかりの人が経済につ …続きを見る
BY: takahashikazuna

アドセンス336×280レクタングル(大)