*

あるかしら書店 ヨシタケ シンスケ

公開日: : 最終更新日:2018/03/30 レビュー, 100点, 高得点, アート

アドセンス336×280レクタングル(大)





100

ヨシタケシンスケさんの絵は不思議な魅力がぎゅっと詰まっている。これは大人の絵本。なんでこんなに魅力的なんだろうなあ。ヨシタケさんの絵が見られるならなんでも嬉しい! みたいな部分があるよね。あらゐけいいちみたいに、一発で「この人の絵だ!」ってわかる記号的な魅力。そのあらゐけいいちに「参考にした作家」を聞いたところ、「自分がいいなと思った絵の集合体」という答えが返ってきて。ヨシタケシンスケの場合もそれに近いんじゃないかなあ。唯一無二なんだけど、どこかで見たことあるような親近感と安心感。いや、素晴らしい。

アドセンス336×280レクタングル(大)




関連記事

小銭をかぞえる 西村賢太

私小説(ししょうせつ、わたくししょうせつ)は、日本の近代小説に見られた、作者が直接に経験したことがら

記事を読む

キミのお金はどこに消えるのか 井上純一

作者の魂というか熱をまったく感じないな、専門家の意見をコピペしてるか、読んだ経済書の内容を丸写しして

記事を読む

東京 (世界のシティ・ガイド CITIX60シリーズ)  和田侑子

この下で紹介した観光ガイド本の東京版。アムステルダム本みたいに新たな発見やマニアックな名所がみられる

記事を読む

羊どろぼう。 糸井重里

日本一日本語がうまい糸井重里の本が面白くないわけがないんだけど、短文ばかりなのに村上春樹よりも心を打

記事を読む

ニューヨークで考え中 近藤聡乃

近藤聡乃さんのコミックエッセイ。二巻の中盤で、ニューヨークで出会ったアメリカ人の恋人と結婚するんだけ

記事を読む

大家さんと僕 矢部太郎

お笑い芸人・カラテカの矢部太郎が描いたコミックエッセイ。最初は「矢部太郎の漫画って商業に出して大丈夫

記事を読む

バズマン かっぴー

毎週連載で読んでるけど改めて読んでもめっちゃ面白い。広告業界漫画といえば『気まぐれコンセプト』という

記事を読む

地球を肴に飲む男 小泉武夫

発酵学の第一人者である小泉先生が世界中の珍酒や珍味を探し求める、まさに食の冒険記。 お酒やチーズ、

記事を読む

仁義なき戦い 浪漫アルバム 杉作J太郎,植地毅,他

東映不朽の名作あの「仁義なき戦い」のファンブック。当然、仁義シリーズが好きな人に向けた内容ですが、杉

記事を読む

POPEYE 2015年 05 月号

ここ2~3年のPOPEYEの東京特集はどんな東京観光本よりも実用的。だから遡って読んでいます。来月号

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

アドセンス336×280レクタングル(大)




夜は、待っている。  糸井重里

日本一日本語が上手くて日本一の哲学者(個人的主観)の糸井重里の本が面白

“天才”を売る 心と市場をつかまえるマンガ編集者 堀田純司

くず紙。 これだけだとあまりにあれなので中身を説明すると、漫画編集者

岡崎に捧ぐ 山本さほ

1985年生まれの作者・山本さほと、彼女の親友・岡崎さんの小学生時代か

ラリルレ論 野田洋次郎

Mr.Childrenの桜井和寿をして、「日本の詩のレベルはここまでき

キッドのもと 浅草キッド

たけし軍団の中で唯一、ツービートの遺伝子を受け継ぐ浅草キッドの水道橋博

→もっと見る

    PAGE TOP ↑