*

ニューヨークで考え中 近藤聡乃

アドセンス336×280レクタングル(大)





85

近藤聡乃さんのコミックエッセイ。二巻の中盤で、ニューヨークで出会ったアメリカ人の恋人と結婚するんだけど、同じ国際結婚を描いていても、『ダーリンは外国人』より『ニューヨークで考え中』のほうが好みだなあと思った。『ダーリンは外国人』は、日本が舞台の物語で、ダーリンは異質な存在なわけです。それを面白おかしく書いた、エンターテイメントに大きく振った作品。『ニューヨークで考え中』は、主が「異国で暮らす日本人」なわけです。でも、「日本人から見たらアメリカは変だ!」というような過剰なエンターテイメントが書かれているわけでもなく、淡々と日常が綴られていて、そこに日本人としてわびさびを感じるわけです。

アドセンス336×280レクタングル(大)




関連記事

東京 (世界のシティ・ガイド CITIX60シリーズ)  和田侑子

この下で紹介した観光ガイド本の東京版。アムステルダム本みたいに新たな発見やマニアックな名所がみられる

記事を読む

カフェイン・ガール 飯塚めり

作者の優れた色彩感覚によって描かれた素敵なイラストが洪水のように流れ込んでくる、素晴らしい作品。淡い

記事を読む

お互い40代婚 たかぎなおこ

たかぎなおこさんの本を『150cmライフ』から読んでいる身としては感慨深いものがあります。今作は結婚

記事を読む

夜は、待っている。  糸井重里

日本一日本語が上手くて日本一の哲学者(個人的主観)の糸井重里の本が面白くないわけがないわけで。この世

記事を読む

POPEYE 2016年 5月号

2015年のより少しだけ内容が濃くなってるんですね。で、2017年の大傑作特集「東京に友達が来たらど

記事を読む

さめない街の喫茶店 はしゃ

クイックジャパンではしゃさんのマンガを見たときには「すごい才能だなー」と思ったんだけど、本書はいろん

記事を読む

仁義なき戦い 浪漫アルバム 杉作J太郎,植地毅,他

東映不朽の名作あの「仁義なき戦い」のファンブック。当然、仁義シリーズが好きな人に向けた内容ですが、杉

記事を読む

空っぽのやつでいっぱい アボガド6

Twitterで作品はよく見てたけど、短いお話しか作れないんだろうなーと思ってました。はっきり言って

記事を読む

夢印 浦沢直樹

世間では「風呂敷を畳むのが下手」とか言われることが多い浦沢直樹ですが、世の中には風呂敷を広げることす

記事を読む

月曜日の友達 阿部共実

作者の紡ぐ詩的な情景が堪らなく美しい。心が洗われる作品。『空が灰色だから』などの以前の阿部共実の絵は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

アドセンス336×280レクタングル(大)




夜は、待っている。  糸井重里

日本一日本語が上手くて日本一の哲学者(個人的主観)の糸井重里の本が面白

“天才”を売る 心と市場をつかまえるマンガ編集者 堀田純司

くず紙。 これだけだとあまりにあれなので中身を説明すると、漫画編集者

岡崎に捧ぐ 山本さほ

1985年生まれの作者・山本さほと、彼女の親友・岡崎さんの小学生時代か

ラリルレ論 野田洋次郎

Mr.Childrenの桜井和寿をして、「日本の詩のレベルはここまでき

キッドのもと 浅草キッド

たけし軍団の中で唯一、ツービートの遺伝子を受け継ぐ浅草キッドの水道橋博

→もっと見る

    PAGE TOP ↑