*

「 劇団雌猫 」 一覧

浪費図鑑―悪友たちのないしょ話―  劇団雌猫

同人誌で話題になった本を書籍化したもの。タイトルからはさぞや豪快なお金の使い方をしている人の破天荒な生きざまが書かれているのだろうな、というようなことを想起させるのだが、出てくるエピソードが「スマホゲ

続きを見る

アドセンス336×280レクタングル(大)




アドセンス336×280レクタングル(大)




ダルちゃん はるな檸檬

書店で表紙に惹かれて立ち読み。最初の数ページを見て心を掴まれて最後まで

夜は、待っている。  糸井重里

日本一日本語が上手くて日本一の哲学者(個人的主観)の糸井重里の本が面白

“天才”を売る 心と市場をつかまえるマンガ編集者 堀田純司

くず紙。 これだけだとあまりにあれなので中身を説明すると、漫画編集者

岡崎に捧ぐ 山本さほ

1985年生まれの作者・山本さほと、彼女の親友・岡崎さんの小学生時代か

ラリルレ論 野田洋次郎

Mr.Childrenの桜井和寿をして、「日本の詩のレベルはここまでき

→もっと見る

    PAGE TOP ↑